古い給湯器を交換しよう【優良製品を選ぶコツをリサーチ】

ニュース一覧

種類に応じた特徴

メンズ

最適なものが無駄がない

すぐにお湯を出すことができるのは給湯器のおかげなのですが、給湯器は使う燃料の違いやお湯の沸かし方の違い、大きさの違いなどで様々なタイプがあります。給湯器に使う燃料は、ガスまたは電気が主流ですが、寒冷地では灯油を使うこともあります。給湯器の燃料というとガスと昔は考えられていて、今でもガス給湯器が主流ではありますが、オール電化住宅では電気を燃料としています。お湯の沸かし方は、必要な時にお湯を作る瞬間式とあらかじめお湯を作っておく貯湯式があります。燃料がガスだと瞬間式で燃料が電気だと貯湯式だと考える人もいますが、確かに電気では貯湯式ですが、ガスの場合には瞬間式と貯湯式の両方があります。貯湯式のメリットは電気やガス料金が安い深夜のうちにお湯を作っておいて光熱費を節約できますが、お湯を使いきってしまうと新たなお湯がなかなか利用できないところがあります。今では瞬間式のガス給湯器でもよりエネルギー効率を高めた排気熱を使ってお湯を沸かすものもあります。給湯器には単身者が使うような小さなサイズものものもあれば、大家族でも使える大型のものもあります。大型のものではお湯を作ったり、お風呂を沸かすだけでなく、床暖房に使うお湯を作る機能を有しているものもあります。家族の人数と使う機能によって最適なサイズの給湯器を使わなければ無駄になってしまったり、機能不足になることもあります。給湯器を決めるときには、住んでいる地域や住宅の構造、それに家族構成などを総合的に判断して、最適なものを選ぶようにしてください。