古い給湯器を交換しよう【優良製品を選ぶコツをリサーチ】

ニュース一覧

修理を経て新品へ

給湯器

メーカー保証を利用

給湯器は一般的に、使用開始後10年ほどで寿命を迎え、新品への交換が必要となります。と言っても10年目に突然使えなくなるのではなく、まずは小さなトラブルが起こりやすくなります。たとえば不快な匂いや異音が発生したり、お湯が設定とは異なる温度になったりするのです。こういったトラブルは、部品の劣化によって起こることがほとんどです。したがってトラブルが起こるたびに業者に連絡し、劣化した部品を交換してもらわなければなりません。これを繰り返しているうちに、部品交換では修理が追い付かなくなり、給湯器全体を交換することが必要となるのです。修理には、交換する部品の種類と数にもよりますが、1回につき3〜5万円の費用がかかります。しかし給湯器には多くの場合、10年間のメーカー保証がついています。その間は、メーカーによる定期的な無料メンテナンスが行われるので、劣化した部品は必要に応じてその都度交換されます。したがって保証期間内は、通常使用による故障での修理費はかからないことがほとんどです。しかし保証期間が終われば、修理費がかかる上に、修理が必要となる頻度も高くなります。すると費用負担が大きくなるため、それを考慮して多くの人が、給湯器全体を新品に交換しているのです。新品の給湯器の価格は、機能にもよりますが30〜60万円となっています。修理費と比べると高いですが、新品ですからトラブルが起こりにくく、しかも起こったとしても新たなメーカー保証で直してもらえます。そのため費用負担は、かえって少なくなると言えます。