ライフスタイルにマッチする給湯器を選ぼう【生活は一層快適になる】

給湯器

修理を経て新品へ

給湯器は、部品の劣化により徐々にトラブルを起こすようになります。部品の交換費用は3〜5万円ですが、保証期間内には無料でメンテナンスしてもらえます。しかし10年ほどで寿命を迎える上、保証期間が終わり、修理費がかかるようになります。そのため10年を目安に、多くの人が給湯器全体を新品に交換しています。

詳しく見る

男の人と女の人

良い製品を選ぶ方法

業者の無料見積もりサービスを利用して、最適な設置プランを提案してもらうのが、給湯器を購入する場合の基本です。ショールームで相談したり、ガス代やアフターサービスも総合的に考えるのが、賢く給湯器を買うためのテクニックです。

詳しく見る

ニュース一覧

種類に応じた特徴

メンズ

給湯器はガスや電気といった燃料による違いや瞬間式か貯湯式かといったお湯の沸かし方の違い、それに大きさでいろいろな種類があります。それぞれの特徴を知り、自分の家に最適な方式やサイズを選ぶことによって無駄や機能不足になることがなくなります。

詳しく見る

早くお湯を使うために

温水器

急にお湯が出なくなったときは、給湯器の交換が必要となる場合があります。業者に依頼する注意点は、365日24時間対応している業者を選ぶことや、すぐに駆けつけてくれ対処してくれる業者を選ぶことです。また、アフターサポートの充実度や、安全に設置するための資格を持ち合わせているかも確認しましょう。

詳しく見る

より多機能になっています

修理

ガス給湯器には給湯やお風呂専用のものもありますが、現在では1台で給湯もお風呂も沸かせる風呂給湯器が主流になっています。現在のガス給湯器は多機能になっていて、自動機能がついていることはほとんどでリモコンのデザインも良くなっています。

詳しく見る

家族や生活に合わせて

男女

お湯の使用量や機能を考慮

給湯器には種類が多くあるので、設置の際には家族の人数やライフスタイルなどを考え、適したものを選ぶことが大事です。たとえば家族の人数が少ない家庭では、1分間に約16リットルのお湯を作り出すという、16号の給湯器が適しています。しかし家族が5人ほどになると、必然的にお湯の使用量が増えます。そのため、1分間に約24リットルのお湯を作ることができる、24号の給湯器などが必要となってくるのです。5人家族で16号の給湯器を使うことも可能ですが、この場合は必要に応じて何度もお湯を作ることになります。そのため給湯器に大きな負担がかかり、その分故障しやすくなる可能性があります。したがって経済負担の点からも、使うお湯の量を考えて、ベストと言える号数を選ぶことが肝心です。また、機能も給湯器によって異なっているので、そこから選ぶことも大事です。たとえば浴槽に入れたお湯を何度も繰り返し使うことを希望している家庭では、追い炊きモードがついている給湯器を選ぶと便利です。お湯が汚れた場合にも、一部を捨てておくと、不足している分が自動で足されます。そのためきれいなお湯を使い続けることができますし、それにもかかわらず、全体を入れ替える場合と比較すると経済的なのです。また中には、時間を指定した上でのお湯張りができるという給湯器もあります。帰宅した時や朝起きた時などに、既にお湯張りが終わっているので、すぐに入浴できるのです。こういった機能により生活は一層快適になるので、十分に考慮しながら給湯器を選びましょう。