古い給湯器を交換しよう【優良製品を選ぶコツをリサーチ】

給湯器

修理を経て新品へ

給湯器は、部品の劣化により徐々にトラブルを起こすようになります。部品の交換費用は3〜5万円ですが、保証期間内には無料でメンテナンスしてもらえます。しかし10年ほどで寿命を迎える上、保証期間が終わり、修理費がかかるようになります。そのため10年を目安に、多くの人が給湯器全体を新品に交換しています。

詳しく見る

男の人と女の人

家族や生活に合わせて

給湯器は、家族の人数や生活を考慮して選ぶことが大事です。人数が少ない場合は16号、多い場合は24号といった具合です。使うお湯の量に合わせて選ぶことで、給湯器が負担で壊れるリスクが低くなります。また、追い炊きモードや予約お湯張りモードなどがついている給湯器を選ぶと、生活がより快適になります。

詳しく見る

ニュース一覧

種類に応じた特徴

メンズ

給湯器はガスや電気といった燃料による違いや瞬間式か貯湯式かといったお湯の沸かし方の違い、それに大きさでいろいろな種類があります。それぞれの特徴を知り、自分の家に最適な方式やサイズを選ぶことによって無駄や機能不足になることがなくなります。

詳しく見る

早くお湯を使うために

温水器

急にお湯が出なくなったときは、給湯器の交換が必要となる場合があります。業者に依頼する注意点は、365日24時間対応している業者を選ぶことや、すぐに駆けつけてくれ対処してくれる業者を選ぶことです。また、アフターサポートの充実度や、安全に設置するための資格を持ち合わせているかも確認しましょう。

詳しく見る

より多機能になっています

修理

ガス給湯器には給湯やお風呂専用のものもありますが、現在では1台で給湯もお風呂も沸かせる風呂給湯器が主流になっています。現在のガス給湯器は多機能になっていて、自動機能がついていることはほとんどでリモコンのデザインも良くなっています。

詳しく見る

良い製品を選ぶ方法

男女

業者のサービスの活用法

浴室やキッチンでいつでも温かいお湯を使いたいときには、建物のタイプに合わせて最適な給湯器を選ぶことが重要です。無料見積もりサービスを提供している業者であれば、マンションや一戸建てに最適な商品を、すぐに紹介してくれるので便利です。大都市では設置スペースに制約があるケースも多いので、スリムな給湯器を中心に販売している業者のサービスが役立つでしょう。しかし機能的な給湯器を選ぶことも大切ですが、サポート体制も充実している、評判の良い業者から買うのが理想的です。経験豊富な技術者が多数在籍している業者は、即日の修理にも対応しているので、急にお湯が出なくなった場合でも安心です。また購入した給湯器を、いつまでも快適に使い続けるために役立つのは、業者オリジナルの長期保証サービスです。一般的なメーカー保証は2年間ですが、業者のオプションサービスをつけ加えると、期間を最大で10年まで延長することも可能です。最近では給湯器の多機能化も進んでおり、購入前に製品情報をチェックして、ニーズに合った機種を選ぶ取り組みも必要です。スタッフと相談しながら最適な製品を選びたい場合に便利なのは、展示している商品の種類が豊富な、販売業者のショールームです。ショールームでは製品を実際に使ってみることも可能であり、予算や機能を総合的に考えて、最適な機種を選びたいときにも役立つでしょう。更に年間のガス代のシミュレーションを行って、最もコストパフォーマンスに優れている製品を選ぶのが、賢く給湯機を買うテクニックです。